calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

profile

categories

archives

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

美少女の美術史

窓際で仕事をしていたら、声をかけられて、何か謝られているような気がしたけれど、午前の陽のひかりにすけるあなたの髪がきらきらきれいで、何も聞いていませんでした。


ってそれあかんやん。仕事中やで!がんばれ!しあわせの後に自己嫌悪くるんだから、色恋に溺れるのもそこそこにしておきなさい。

前にも進めないし、戻れなくもなってきた。こまったねこれは。


静岡県立美術館に美少女の美術史という展示を見に行ってきました。昔から、みんな美少女がすきね。わたしもすきだよ!

行って思ったのは、自分もかつて少女だったのだなーということ笑
美少女にこめれた少女らしさは、美少女でもないのに、なんだかうとましい旧友のようだなあということ。

いいところばかり、抜け落ちて、いやなところばかり、残ってしまう。
女生徒の、くるくるめまぐるしく変わる思考回路は、今の私と大して変わらなくてがっかりする。
世界中を愛せそうな気がした三分後にはなにもかも汚くて消えてしまいたくなったりして。だいきらいって言ったのに、ご飯食べ終わってみたらやっぱりだいすきって思ったりとか。
かつて少女だったひとと、そうでないひと、少女へのひかれ方は違うんじゃないかなあ。

鈴木春信の浮世絵がすき。昔、ゼミの先生が教えてくれたのです。みんな美人。着物の風をうける様子とか、ぎゅっとおされてでこぼこした紙面とか、素敵です。その絵でシルクスクリーン体験をしました。

静岡県立美術館とてもいいところだった。高台でながめのよい場所にあって、おしゃれなカフェなんかも入っていて。県立なのにすごいや。

とてもおもしろい旅だった。展示を目的に旅行、中々よいかもしれない。
-  c.0  t.0

スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック